看護師が転職を考えるとき
1月 30, 2015 — 6:28

看護師が転職を考える時について、私が感じたことをお話します。看護師が転職を考えるときの理由のひとつに、看護師を取りまく環境の変化があった場合があげられます。例えば、看護師が結婚したとき・引越しをするときなどです。結婚する相手の人が県外であったりすると、相手の住む近辺の病院などに転職を考えます。また、結婚生活で夜勤がつらくなると、夜勤のない病院などに転職をするのです。そして、子供ができると、また仕事について考えます。子供が熱を出したりしたときに、自分の代わりに看病してくれる人がいない場合は、休む必要がありますが、度々休む状況が続くと、その病院で働くことが精神的にもつらくなってくるのです。その場合、夜勤がないクリニックや、勤務時間が相談できる非常勤(パート)で働ける職場などに転職する人が多くなります。このように、看護師は夜勤があったり、定時に仕事が終らなかったりすることが多いため、家庭をある程度犠牲にしなければならないときがでてきます。しかし、どうしても働くことができないと感じる場合もあります。それは、子供や家族に「つらい思いをさせているのでは・・・:と考えてしまうときです。そうなってしまうと、仕事を続けるのさえ難しくなってしまうのです。実際に私が働いていた病院でも、このような理由で転職・退職をしていった看護師はたくさんいました。ですが、自分のライフスタイルに合った仕事に出会えた看護師たちに話を聞くと、転職先の病院で生き生きと働いていると言います。気持ちよく仕事をするには、無理なのない勤務時間や周囲の理解が得られる職場で働くことが一番だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です